【人気記事】今すぐに3万円稼ぐ方法を解説

【我慢しなくてもOK】本当に続けられる節約法を解説します

我慢しないで節約する方法

信頼できるソースをもとに記事を作成しています。一部、プロモーションが含まれる場合があります。

節約といえば我慢するというイメージがありますよね。

しかし、我慢し続ける節約方法では必ず限界が来ます。

本記事では我慢しない節約で驚くほど金銭的な余裕が作れる方法を解説します。

目次

【はじめに】我慢する節約は続かない

まずはじめにおさえておきたいことは我慢する節約は続かないということです。

たとえば、甘いものを我慢したり、暑いのにエアコンの設定温度を高く設定したり、シャワーの時間を短くするなどは続かない節約に当たります。

このようにあなたのQOL(生活の質)に直結する部分では節約するのではなくむしろお金を掛けるべきです。

まずはあなたにとって、もっとも生活の質に影響を与えるものがなにかを明確にしましょう。

そうすることでお金をあまりかけなくても良い出費が見つかるはずです。

我慢しなくてもできる節約法とは?

次に誰でもできる節約方法を解説します。

この2つを実践できれば、驚くほどお金に余裕ができるでしょう

【STEP1】まずは「浪費」を徹底的にカットする

衝動買いのイメージ画像

あなたは「浪費癖」がありますか?

浪費癖がある場合は必ず直してから節約に取り組む必要があります。

なぜなら、もし余裕ができてもすぐにお金を使ってしまうという悪循環におちいるからです。

まず浪費とはなにか明確にしておきましょう。

ずばり「浪費」とは「無駄」です。

たとえば、以下のようなものが浪費に当たります。

  • 後先考えない衝動買い
  • 使っていないサブスク代
  • 行きたくない飲み会・遊び
  • 過度なギャンブル
  • 過度な趣向品の購入

まずは手短なところからでいいので、必要ない、意味がない出費は必ず削るようにしましょう。

特に衝動買いしてしまう人は要注意です。

衝動買いは主にストレスが貯まっている状態でしてしまうものです。

バイキングや映画、友達と遊ぶなどなんでもいいので他のストレス解消法をみつけるようにしてください

【STEP2】「固定費」を減らそう

固定費のイメージ画像

「無駄」を減らした後は「固定費」を削減しましょう。

固定費とは家計の支出のうち、毎月定額あるいはほぼ定額でかかる支出のことをいいます。

固定費の具体例として以下のものが挙げられます。

  • 家賃
  • 通信費
  • 水道光熱費
  • サブスク費用
  • 保険代
  • 教育費
  • 自動車維持費用

ここでは特に出費が多くなりやすく、見直しが早ければ早いほど良い3つの固定費について解説していきます。

①スマホ代の見直し

格安プランに乗り換えていない人はさまざまなキャリアから出ている格安プランに乗り換えることによって大幅に通信費を削減できます。

たとえば、J:COM MOBILE月額利用料が1,078円(税込)と安く、使うデータ容量によってプランを変更することもできます。

データ容量が5GBでも月額が1,078円なので、かなりおすすめです。

②保険料の見直し

保険はライフステージが変わる段階で見直すことが大事です。

必要なくなった保険は早めに見直して解約する、あるいは新たな保険に乗り換えることで月々の支払額を減らすことができます。

保険の見直しについて相談したい人はリクルートが運営する保険チャンネルがおすすめです

無料なので必要に応じて利用してみましょう。

③電気会社とガス会社の見直し

電気とガスが自由化したことにより、プランや契約会社を変えることで光熱費を節約することができます。

月間のガス・電気使用量や住んでいる地域によっていちばん安いプランや会社は人それぞれです。

電気代を節約したいなら、基本料金や燃料費調整額も0円のLooopでんきがおすすめです。

ガス代を見直したい方はガス代の診断・一括見積を行い、最も安いガス会社を案内してくれる【ガス屋の窓口】がおすすめです。

浪費癖と固定費削減で驚くほど余裕ができる

浪費癖を改善して、固定費を削減できれば驚くほど余裕ができます。

なにか特別なことをするのではなく、浪費癖があればそれを直して、固定費を減らすというのが最も簡単なやり方です。

我慢しない節約を叶えるためにも固定費や浪費に注意をはらいつつ生活してみましょう。

とく×ふく部 - にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
我慢しないで節約する方法

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次