【人気記事】今すぐに3万円稼ぐ方法を解説

【経験者直伝】未経験から動画編集で月20万稼ぐ方法を解説!

信頼できるソースをもとに記事を作成しています。一部、プロモーションが含まれる場合があります。

本記事は以下のような人を対象とした記事です。

  • 未経験から動画編集で月20万円稼ぐ方法が知りたい
  • 動画編集技術の身に着け方を知りたい
  • 動画編集で月20万円も稼げる理由を知りたい

「動画編集ってホントに稼げるの?」という疑問にも根拠をもって解説しております。

ぜひ、最後までご覧ください。

目次

【はじめに】動画編集で稼げないといわれる理由

結論からいうと、動画編集は半分オワコンです。

実際、Youtubeの動画編集代行はほとんど稼げません。がんばってもせいぜい時給1,000円~1,500円程度。

Youtubeの編集代行が稼げない理由は以下の通りです。

  • 動画編集者が増えすぎて仕事がない
  • Youtubeの編集ブームは終わってる
  • 個人相手なので報酬がそもそも安い

ここまで読んだ人は「動画編集で月20万稼ぐの無理じゃん」と思われるかもしれませんが、実はみんなが知らない穴場があります。

それは「動画広告の制作」という穴場です。

この方法なら月に20万と言わずに極めれば50万、100万と稼ぐことが可能。

それでは次に”動画広告制作でなぜ稼げるのか”を簡単に解説していきます。

動画広告の制作で月20万円稼げる理由

動画編集で稼ぎたい人におすすめなのが、主に「中小企業の動画広告を作る仕事」。

この動画広告の制作で稼げる理由は主に3つあります。

  • 現在も動画マーケティング市場が拡大している
  • 企業が相手なので高単価な傾向がある
  • スキルがあれば継続的な依頼を取りやすい

それでは1つ1つ解説してきます。

①動画マーケティング市場の拡大している

【サイバーエージェント公式】より引用

企業の動画広告といったらテレビCMを連想する人が多いかと思いますが、今は違います。

InstagramやYoutube、Tiktokなどの媒体で個人事業主をはじめ、中小企業や大企業まで動画広告を出しています。

実際、多くの人が使うSNSで動画広告を出せればたくさんの人にアプローチすることができますよね。

そんなわけで多くの企業が動画広告を出したいと考えているのです。

5G回線の普及に伴い、動画での広告がより多くの人に届きやすくなります。

②企業が相手なので高単価な傾向がある

企業の動画広告制作の最も良いところは高単価なところ。

Youtubeで個人を相手にしていると低単価なうえ、まったくというほど単価が上がりませんが企業はそうでありません。

たいていの場合、企業は数百万、数千万規模の広告費を持っており、今後はその予算が動画広告に流れてきます

そのため、動画広告制作は高単価なうえ今後もその単価が上がる可能性が高いです。

1件当たりの単価が10万以上になることは珍しくありません。私は今までに6回100万ごえの映像制作を依頼されたことがあります。

③継続的な依頼を取りやすい

企業の依頼に対して高品質な作品を取れると継続的に仕事を依頼されることがよくあります。

さらに「制作した広告をどの媒体で流すのか」や「どういった運用をするのか」といった広告運用まで任されるようになると運用手数料ももらえるように。

契約する企業が増えれば自分から仕事を取る必要がなくなり、安定した収入を見込めるようになりますよ!

「これから伸びる市場で動画クリエイターとなれば、高単価な継続依頼を取ることができる」
これが動画広告の制作で稼げる理由です。

未経験から月20万円稼げる動画編集者になるまで。

ロードマップのイメージ図

それではさっそく完全未経験から動画クリエイターとして月20万稼ぐまでのロードマップを解説していきます。

 稼げるようになるまでの3STEP

  • スクールor独学でスキルを学ぶ
  • ポートフォリオを作成する
  • クラウドソーシングやSNSで営業、案件を受注する

それでは1つ1つ解説してきます。

1.スクールor独学でスキルを学ぶ

はじめにはっきりといいますが、動画クリエイターになるなら独学はかなりきついです。

ただし、以下のすべてに当てはまる場合は独学でも大丈夫問題ないでしょう。

  • クリエイティブ系の仕事経験がある
  • 半年~1年程度継続的に努力できる

動画クリエイターになるにはAfter Effectsをはじめとした1から動きを付けるスキルを学ぶ必要があります

After Effectsは難易度が高く、多くの動画編集者は扱えません。

「ほとんどの人ができない」=「できればとても重宝される」ということです。

こうしたスキルは独学で学ぶのはかなり難しいため、本気で動画クリエイターになりたいなら動画制作スクールを利用しましょう。

動画編集のスキルを効率的に身に着けられるスクールは?

クリエイター職の経験がなければ、動画編集の独学は非常に難しいです。

転職・副業サポートがあり、信頼できるスクールを利用するのが最も手っ取り早いでしょう。

スクールを利用するならSNSでの口コミ件数が最も多く、満足度が高いデジハクを利用するのがおすすめです。

サポートとカリキュラムが充実しているため、本気で動画編集を仕事にしたい人に向いています。

無料相談もあるので、気になる人はのぞいてみるといいでしょう。

2.ポートフォリオを作成する

動画制作スキルを身に着けたら、自分がどんな動画を作れるかアピールするポートフォリオを作成しましょう。

ポートフォリオは仕事を取るための第一歩目なのでとても重要。

時間をかけて高クオリティな動画を制作しましょう。

デジハクをはじめとするスクールの場合、たいていポートフォリオ作成までのサポートはあります。

3.クラウドソーシングやSNSで営業、案件を受注する

ポートフォリオを作成したら、さっそく仕事を取りましょう。

仕事の取り方は大きく分けて4つあります。

  • クラウドソーシングで案件に応募する
  • スクールを介して仕事の紹介を受ける
  • フリーランス・副業エージェントで紹介を受ける
  • SNSやブログなどから受注する

デジハクなど案件獲得や実績作りをサポートしてくれるスクールもあります。

1件でも実績を作ってしまえば、そのあとはすこしラクになるのでポートフォリオを片手にたくさんの案件に応募・営業してみましょう。

【月20万稼げるスキルが身につく】おすすめの動画制作スクール

企業の広告を作るのならば、本来は映像関係の専門学校に通う必要があります。

ここでは専門学校で習うような専門的スキルの習得+ポートフォリオ・仕事獲得のサポートがあるスクールのみを抜粋して紹介してきます。

1.デジハク(DIGITAL HACKS)

1,825名の方が、未経験から動画を仕事に。高い満足度と充実したカリキュラム・サポートが特徴

デジハク(DIGITAL HACKS)の特徴

  • 基礎からわかりやすく体系化されたカリキュラム
  • Premiere Pro・After Effectsのスキルを隅々まで学べる
  • 副業や転職に役立つポートフォリオが完成
  • 動画講座カリキュラムは卒業後も見放題
  • 徹底した添削とフィードバック
  • マンツーマンだから実現できた、挫折させない学習環境
  • 副業紹介や収益化サポートあり
  • チャット質問や無料相談ができる

未経験からが9割で満足度が94%と非常に高いスクールです。

デジハク(DIGITAL HACKS)をおすすめする理由

デジハクは未経験を前提としたカリキュラムや充実したサポートが最大の特徴です。

また、SNS上の口コミ数が非常に多く評判が良いので、もっとも信頼できるスクールといって差し支えないでしょう。

ちなみに動画講座カリキュラムは卒業後も見放題です。

アップデートやトレンドの変化によって求められるスキルが変わってきますが、動画講座は常にアップデートされているため最新の技術もカバーすることができます。

デジハク(DIGITAL HACKS)の料金

スクロールできます
プラン名サポート期間料金カリキュラム
デジハクREGコース90日148,000円Premiere Pro・After Effectsを基本にモーショングラフィックスまで
デジハクPROコース180日248,000円動画編集に加えデザインやマーケティングなどの関連スキルまで学べる
どちらのプランも分割払いが可能

副業として動画編集を始めるなら「デジハクREGコース」がおすすめです。

動画編集で転職やキャリアアップを考えている人は「デジハクPROコース」を使うことで、ワンランク上の動画編集者を目指すことができます。

どちらのコースか迷っている場合はデジハクの無料相談会を利用しましょう。

申し込みの流れ

  • デジハク公式サイトで無料説明会の予約
  • ロに相談し放題のオンライン無料説明会に参加
  • 講座申し込み・料金支払い・受講開始

2.studio US(スタジオアス)

最短2ヵ月でプロの技術とノウハウを学びつくせる完全オンラインスクール

studio US(スタジオアス)の特徴

  • 完全オンラインで24時間好きな時に学べる
  • 最短2ヵ月でプロのスキルを習得できる
  • 受講料が大手と比べて安い
  • 教材が豊富(300本以上)
  • 超実践型(作る動画数が15本以上)
  • ポートフォリオをたくさん作れる
  • 仕事を獲得するサポートがある

Stadio usが抱えている大量の案件を紹介してくれるため、スムーズに稼げるようになります。

studio USをおすすめする理由

studio USの特徴はハイレベルな動画をつくるために必要なスキルを網羅的に学び、習得できるところ。

教材が700本以上あり、動画編集ソフトだけではなくillustratorをはじめとしたデザインに必要なソフトの使い方を学ぶことができます。

それに加え、学習の中で作る動画数は15本~50本とかなり多いためスムーズに動画を作れるようになるでしょう。

studio USの料金

スクロールできます
動画編集コース¥55,000Youtubeの動画編集ができるようになる
動画クリエイターコース¥115,000~¥154,000企業の動画広告を作れるようになる
総合コース¥181500~¥220,000動画クリエイターに必要なスキルが網羅的に学べる
学ぶ期間によって金額が変わります(税込み)

結論から言うと、「¥115,000~¥154,000」で動画クリエイターコースを受講できます。

動画クリエイターコースでは稼ぐのに必須なAfter Effectなどの高度なスキルを中心に学ぶことができます。

動画編集コースは安いですが、動画広告を作るのには物足りないカリキュラムなので動画クリエイターコースの受講がおすすめ。

月5万稼げるようになれば、わずか3ヵ月で受講代金を回収できます。

大手スクールの多くは受講代金が30万円を越えるのでstudio USのカリキュラム内容を考えればかなりコスパがいいですよ。

申し込みの流れ

  • 公式サイトからLINEかメールでお問い合わせ
  • 受講内容や流れなどをオンラインで無料相談
  • 申し込みを決めたら支払いを行う
  • 受講ができるオンラインシステムで受講開始

最後に

今回は「動画編集で月20万稼ぐまでのロードマップ」を解説しました。

こんな記事を書いといてなんですが、私は大学4年間をすべて使い動画制作スキルを身に着けました。

資金に余裕ができてから、有名どころのスクールを数多く使いましたが何かと勉強になることばかり。

未経験者や初心者であればなおそうでしょう。

こうした自己投資は長い目で見るとリターンがとてつもなく良いです。

自分を変えたい、稼げるようになりたいという人は思い切ってスクール入ってみることをおすすめします。

とく×ふく部 - にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次